HANDs! PROJECT

あなたのアイディアは、未来のライフラインになる。困っている人を、1人でも多く減らしたい。自分にしか出来ない方法で、人を助けたい。災害のおきた現場の今を、肌で感じ、学びたい。HANDs! PROJECTはその想いを、防災を通じて、アジアの未来へとつなぐ活動をおこなっています。それは、強い情熱を持つ人、オリジナルのアイディアを生み出せる人は、いざというとき、何よりも心強い存在となりうるから。いま、私たちは、探しています。自然災害が多発しているアジア諸国から、防災を通し、人と未来をつなぐ懸け橋となる存在を。人びとの、夢や希望となれる人材を。あなたの知識を、経験を、熱意を。そのすべてを余すことなく発揮してください。きっと自分には何かができる。そう思える人だけが、未来を変えていける。HANDs! PROJECTは信じています。

HANDs! PROJECTは、国際交流基金アジアセンターが主催する人材育成プロジェクトです。
アジアの国々を中心に、防災及び被災地支援について、共に学び、知識を共有、
問題解決に向け協力し合う場として立ち上がりました。
現在、インドネシア・タイ・フィリピン・マレーシア・インド・ミャンマー・ネパール・
日本の8カ国から、年に一度、防災に対して高い志をもつ若者を選出し、育成を
行っています。2020年をひとつの目標に、アジアの地域に、防災及び被災地
支援活動を根付かせる、リーダーを多数輩出し、国を超えたネットワークを構築します。

HANDs! PROJECTの活動内容

  1. スタディツアーで被災地を訪問します

  2. 様々な視点で物事を見つめ、
    アイデアを出し合います。

  3. 企画書(アクションプラン)を作成します

  4. 実現にむけて活動します

    • ※JAPAN FOUNDATIONからの
      サポートがあります。

津波によって押し上げられた船。2014年フィリピンレイテ島沖にて。

  1. 1
    ものごとを
    クリエイティブに発想します。

    HANDs! PROJECTでは既成概念にとらわれない、
    ジャンプしたアイディアを尊重しています。独創性
    のあるアイディアこそ人を惹きつけ、実行する
    価値のあるものとします。

  2. 2
    さまざまな立場から目的を共有し、
    活動を土地に根付かせます。

    プロジェクトを一過性のもので終わらせないためには、
    現地のニーズと参加者のアイディアが、しっかりとマッチ
    することが重要です。そこに関わる、すべての人の役割を
    明確にし、自然なかたちで活動が土地に根付いていく
    仕組みを考えます。

  3. 3
    人びとに夢や希望をあたえます。

    HANDs!は「Hope and Dreams」という言葉からつくられています。参加者は自らの存在が人びとの「夢と希望」であることを自覚し、1人でも多くの人に「夢と希望」をあたえられるよう、常に意識し、行動します。

HANDs! PROJECTは「風・水・土」という
役割の考え方を取り入れています。

  • 風の人

    地域の外から、新しく刺激のある種を運んでくる人。その土地にインパクトをあたえ、活性のきっかけをつくる。アーティスト・建築家・デザイナー、など

  • 水の人

    風と土の仲介役。地元地域である「土」に合う「風」を見定め、共通のゴールに向けサポートする。

  • 土の人

    その土地で暮らしている人。自分たちに何が必要なのかを洗い出し、種を迎え入れる準備をする。地元の人びと・被災地の人びと、PTAメンバー、など

  • Hirokazu Nagata
    NPO法人プラス・アーツ 理事長
    総合アドバイザー
  • Prof. Ikaputra
    インドネシアの建築家
    インドネシア・国別アドバイザー
  • Ruttikorn Vuttikorn
    タイで活躍する防災対策の
    ゲームデザイナー
    タイ・国別アドバイザー
  • Matt Grasser
    LDN代表取締役
    フィリピン・国別アドバイザー
    [2014年から2015年 担当]
  • Dr. Ranjana Mukhopadhyaya
    インド・国別アドバイザー
    [2014年から2015年 担当]
  • Sudarshan Rodriguez
    インド・国別アドバイザー
    [2015年から2016年 担当]

インドネシアでの防災訓練活動「BOKOMI」に参加

インドネシア・メラピ山被災地にて伝統工芸作家の工房を見学。

  • India
    Bhaswati Thakurta
    ニューデリーの”女性と開発”に関する研究センターにおいて、女性と災害マネジメントに関する研究をおこなう。
  • Indonesia
    Bonni Rambatan
    自身を「ストーリーテラー」と定義し、自然災害の生存者からの証言をより多くの人々に伝えるコピーライター。
  • Indonesia
    Eva Bachtiar
    高い分析能力と、コミュニケーションスキルを持つ、教育ファシリテーター。僻地の人々と効果的な連携おこなう。
  • Indonesia
    Ibnu Mundir
    スマトラ沖地震から10年、現地に寄り添いながら、災害リスクの削減および災害対応に関するプログラムのリサーチをおこなう。
  • Indonesia
    Naomi Saddhadhika Setiawan
    都市とプロダクトデザインの視点から、社会的に疎外されている人々の生活を向上させる手法について模索する、プロダクトデザイナー。
  • Indonesia
    Sakti Bimanta
    人道的活動、社会的領域の活動に関心。企業広告などに関わるクリエイティブ・ディレクター。
  • Japan
    Akira Hasegawa
    災害リスク削減や災害復旧・復興に関するクリエイティブな手法を用いた活動に関心。防災関連展示の開催などにも関わる。
  • Japan
    Makoto Sasaki
    対話的パフォーマンスや物語、イラストなどを用いた幼児向けの防災教育教材を独自に開発。様々な防災活動に関わる。
  • Japan
    Megumi Fukuhara
    2013年ハイヤン台風被災地でのボランティア活動や募金活動など、地域に根ざした活動をおこなう。
  • Japan
    Shoka Ota
    人間の安全保障に関心。東北地方の子どもの教育支援などに従事した経験を持つ。
  • Japan
    Robin Takashi Lewis
    災害ボランティアセンターの国際コーディネーターとして、15ヶ国以上での災害復旧と人道支援のプログラムなどをおこなう。
  • Malaysia
    Ashraf Rahman
    アフガニスタン、ミャンマー、ネパール、マレーシア東海岸での災害救援活動に参加するメディアのプロフェッショナル。
  • Malaysia
    Christine Cheah
    ロヒンギャ族の難民の窮状や、タイ国境近くの人身売買キャンプ、ロウヤット地区(クアラルンプール)の人種暴動など、人権問題を多岐にわたりに執筆するジャーナリスト。
  • Vietnam
    Aung Lin
    大規模洪水の被災者に対する災害対応プログラムなど、様々なプロジェクトの中枢を担う。
  • Nepal
    Bijay Kumar Shahi
    企業において、公共政策等の研究開発部門に携わる傍ら、ソーシャルワークやNGO活動などにも、結局的に関わる。
  • Philippines
    Ace Victor Aceron
    教育や国際関係、持続可能な開発に関心。組織の枠にとらわれないクリエイティブな手法に関心を持ちHANDs!プロジェクトに参加。
  • Philippines
    George Soriano
    インフラストラクチャや減災、ガバナンスなどに感心。地盤地震工学の修士号を持つフィリピン公共事業道路省のエンジニア。 
  • Philippines
    Mary Margaret Chavez
    子どもの教育や持続可能な環境、災害後の再定住等のテーマに関心。災害リスク低減における包括的なアプローチを提唱。
  • Philippines
    Sarah Salazar
    地域に根差した現代芸術劇団「Sipat Lawin Ensemble」の劇団員。フィリピンにおいて、地域密着型のアートシーンに関わる。
  • Philippines
    Tristan Nodalo
    子どもや環境問題・自然災害のテーマに感心。ハイヤン台風で被災したタクロバン市を報道する番組などを制作するTVプロデューサー。
  • Thailand
    Arisara Pittayayon
    地域社会の人々への防災教育や環境教育に関心。社会的活動に従事するグラフィックデザイナー。
  • Thailand
    Mek Sayasevi
    ソーシャルアーキテクトに関心。チェンライやネパールなどの被災地にて活動をおこなう建築家。
  • Thailand
    Sirinon Suwanmolee
    災害被災地の地域社会と密接に関わりながら、災害に関する調査と評価の活動をおこなう教育ファシリテーター。
  • Thailand
    Sukumal Surichamorn
    おもちゃや、教材のデザインなどを手がける、プロダクトデザイナー。
  • Thailand
    Suwimol Sereepaowong
    UNDP(国連開発計画)タイ事務所の職員として、環境問題に関するプロジェクト実施に取り組む。
  • India
    Vishal Vasvani
    災害リスク削減のための制度的枠組みの強化に関心。インド・ビハール州政府災害管理当局において、人間の活動に起因する災害部門でのプロジェクト責任者を務める。
  • Indonesia
    Dhiptya Wijayanti
    300以上の大学、各種学校、オフィス、病院などで、防災教育をおこなう。防災教育団体IKC Indonesiaのメンバーとして、ゲームを通じた防災教育をインドネシアで展開。
  • Indonesia
    Fauzan Abdillah
    テクノロジー、メディア、映画、芸術・文化などに関心。幅広い領域で活躍するプロフェッショナルと協働して様々なプロジェクトをおこなうクリエイティブ・ディレクター。
  • Indonesia
    Larasati
    大学でプロダクトデザインを専攻したインダストリアルデザイナー。防災の啓蒙活動や、防災活動に使用するロボットの開発に携わった経験を持つ。防災に役立つ製品を開発することを目指している。
  • Indonesia
    Rory Santoso
    子どものセックスワーカー(売春児童)や、HIV・AIDSをもつ人々を対象にしたカウンセリングをおこなうカウンセラー。“Yayasan Abdi Ashi”においてプログラムマネージャーを務める。
  • Indonesia
    Vina Puspita
    社会問題や子どもの問題を解決するための、地域活動に関心。インドネシア芸術研究所および、エスズターハジー・カロリー大学において、ファインアートを専攻するイラストレーター。
  • Japan
    Jun Fujiki
    NPOでの活動を通し、台風の被害を受けたフィリピンのタクロバン市を訪れ、防災計画実施の難しさを痛感する。様々なアプローチ手法を使い、より住民に寄り添った防災計画が立案されるべきとの問題意識を持つ。
  • Japan
    Ko Sato
    被災地の若者世代をエンパワメントすることが、復興を加速する一助になるという信念を持つ。日本社会の持続可能性を高めるための起業家育成プロジェクトを運営。
  • Japan
    Kokurin Saijo
    津波被災地のフィリピン・タクロバン市における人々の生き様に強い感銘を受け、タクロバン市を毎年訪問しながら、現地の若者との交流と復興支援を続けている。
  • Japan
    Masayuki Endo
    福島県会津若松市出身。東日本大震災で原発事故を目の当たりにした経験から、将来、理工学の専門家として社会の持続可能性を追求しようと考える。
  • Japan
    Ryuji Kokuta
    東日本大震災を気仙沼市で体験。被災地の経済的自立の手法について模索している。
  • Malaysia
    Choong Merryn
    地域社会に根ざした環境保護のプロジェクト、ならびに若者のエンパワメントに関するプロジェクトに参画。
  • Malaysia
    Lum Mun Hoong
    環境問題に強い関心もつ。プラスチック廃棄物の削減を目的とした、ASEAN各国の連携による再生資源利用促進プロジェクトにてマレーシアのコーディネーターをつとめる。
  • Malaysia
    Yeoh Sing Yuin
    防災に関する活動、人道支援に強い関心をもつドキュメンタリー写真家。映画やドキュメンタリー、新しいメディア表現を用いて人々に人道問題の意識を醸成する。
  • Philippines
    Jose Mario S. Bagulaya
    ジェンダー問題および、開発経済に関心。タクロバン市の市議会議員として、同市の女性と子どもに関する委員会の委員長を務める。
  • Philippines
    Joseph Keith D. Anicoche
    作家、パフォーマンスメーカーとして地域社会にとけこむ対話型の作品の制作。地域社会のアートシーンにおける講師として現代芸術劇団”Sipat Lawin Ensemble”の芸術監督を務める。
  • Philippines
    Maria Audrea L. Vivo
    フィリピン・カタンドゥアネスの防災機関でプログラムオフィサーとして防災活動に従事。災害時の避難経路の策定や被災時の行動計画の策定に関わった経験を持っている。
  • Philippines
    Maria Julie Anne T. Culibar
    若者の積極的社会参画、および女性のエンパワメントの重要性を提唱。ソーシャルワーカーとして、子どもの保護、災害リスク削減に特化した、人権に関するプログラムに取り組む。
  • Philippines
    Sonny Jacob Q. Lee
    大学在学中に災害管理プロジェクトに関与した経験から、HANDs!プロジェクトのフィリピン参加者たちと共にコミュニティ向け防災教育プロジェクト”DEEL”の立ち上げをおこなう。
  • Thailand
    Nittaya Keeratisermsin
    テレビ番組を通じて、防災や減災に関する、様々なプロジェクトを取り上げ、一般市民への防災啓発を行う災害にフォーカスしたジャーナリスト。
  • Thailand
    Nuttapong Tonhirunmas
    マルチメディアデザインに関心があり、臨場感あふれる作品の制作を追求。視覚的なトリックを仕掛けるアーティストとしての側面をもつグラフィックデザイナー/プロデューサー。
  • Thailand
    Panida Tancharoen
    デザイン研究者およびトイ・ゲームデザイナー。遊びを通して、生活の質の向上、あるいは社会的課題解決の手法を学ぶことができるような、おもちゃやゲームの企画・開発をしている。
  • Thailand
    Pichapon Robru
    タイ北部・チェンライ県の地震被災地における、災害リスク削減とコミュニティ開発計画に参加。非営利組織“Design for Disaster”において、プログラムアソシエイトを務める。
  • Thailand
    Thitiphon Sinsupan
    国家レベルから地域社会レベルまで、さまざまな災害直後のリスク管理から復興計画に特化して活動。災害管理組織”アジア防災センター”に参画し、プログラムマネージャーを務める。

スタディーツアー日程

※今年の応募は終了しました。

2015年10月5日〜15日 インドネシア・フィリピン研修ツアー
2016 年2月23日~3月7日 タイ・日本研修ツアー(日本では東日本大震災被災地を予定)

募集要項

  • ・応募時点で満 18 歳から 35 歳までであること
  • ・英語で十分なコミュニケーションがとれること
  • ・すべてのプログラムに参加可能であること
  • ・健康で、国内および海外での研修及び生活に十分対応できること
  • ・他国の文化を尊重し、他参加者と積極的に交流する意欲があること
  • ・帰国後、地域においてアクションプランを実現する意欲があること
  • ・社会人、学生のいずれも応募可

下記応募フォームより、必要事項を記載のうえご応募ください。
追ってご連絡差し上げます。

応募締め切り2015年7月24日 ※今年の応募は終了しました。

お問い合わせ

HANDs!PROJECTへのお問い合わせは各国の事務所までご連絡ください。

Japan
The Japan Foundation Asia Center,
Tel. (+81 3) 5369 6025
Philippines
The Japan Foundation, Manila
Tel. (+63 2) 811 6155 to 58
Fax. (+63 2) 811 6153
India
The Japan Foundation, New Delhi
Tel. (+91 11) 2644 2967/68/71/72
Fax. (+91 11) 2644 2973
Thailand
The Japan Foundation, Bangkok
Tel. (+66 2) 260-8560-4
Fax. (+66 2) 260-8565
Malaysia
The Japan Foundation,
Kuala Lumpur
Tel. (+60 3) 2284 6228
Fax. (+60 3) 2287 5859
Indonesia
The Japan Foundation, Jakarta
Tel. (+62 21) 520 1266
Fax. (+62 21) 525 5259

アジア6カ国にて多様なプロジェクトチームが、フェローの活動をサポートします。
次世代の防災教育の担い手であるフェローたちが、「夢と希望」をカタチにするのを
全力で応援します。一緒に頑張りましょう。

  • General Project Manager
    Ai Goto Araki
    JF Jakarta
  • Assistant Project Manager
    Purwoko Adhi Nugroho
    JF Jakarta
  • Director General
    Norihisa Tukamoto
    JF Jakarta
  • Indonesia Program Staff
    Jin Fujimoto
    JF Jakarta
  • Thailand Program Coordinator
    Haruka Nakajima
    JF Bangkok
  • Thailand Program Cordinator
    Wathana Onpanich
    JF Bangkok
  • Philippines Program Cordinator
    Tetsuya Koide
    JF Manila
  • Philippines Program Cordinator
    Marc J. Ocampo
    JF Manila
  • Philippines Program Staff
    Rolando Samson
    JF Manila
  • Malaysia Program Staff
    Tristan Toh
    JF Kuala Lumpur
  • India Program Coordinator
    Yojiro Tanaka
    JF New Delhi
  • India Program Staff
    Rinki Roy
    JF New Delhi
  • Japan Program Coordinator
    Koji Sato
    JF Tokyo
  • Japan Program Coordinator
    Erika Hirose
    JF Tokyo

Former Project Organizers

  • Wakao Koike
  • Yukie Mitomi
  • Jagdish Prasad
  • Yasuhiro Takehara
  • Panitnard Tuangsuwan
  • Shunji Tsuji
  • Yasuko Uchida
  • Mio Yachita
  • Tadashi Ogawa
  • Khemal Sundah Prasasti

Special contribution from HANDs! 2014 Fellows

Ko Sato & Masayuki Endo [website project]

  • JP
  • EN
BACK TO TOP